お好み焼き

今日のお昼に、お好み焼きが食べたくなってつくることに。
卵は朝食べたんで、卵なしのお好み焼きをつくるべく、ネット検索したら素麺を入れるレシピがあって。
それを作ろうとしたら、素麺がなかった…。
とりあえず、普通のお好み焼きをやろう、と。
キャベツ切って、干しエビ入れて、他に適当な野菜を少々。
だし汁を入れるといいってあったなぁと思って、入れてみて。
小麦粉~っと探したら、『お好み焼きの粉』があったんで、それを入れて。
卵を入れないのかと母親に突っ込みされて、入れないとか話してたら、お好み焼きの粉に入ってるんじゃないのって話になって。
よく見たら、お好み焼きの粉の中に塩とか出汁が入ってた…。
あ…やばいな…味見したら、ちょいしょっぱい。そこで。
もったいないけど、水で洗っちゃって、もう一回粉を混ぜれば良かったんだけど。。。
大丈夫かなーと根拠のない自信でそのまま焼いたら…
焼いてる最中からすでに濃厚な匂いが。
味見したらソースなしで食べられるくらい味つき。
私としては、ソースとマヨネーズのお好み焼きを求めていたので、ちょっとだけソースかけよう、と。
で、かつおぶしをかけて。
あ、マヨネーズもちょこっと、と思ったら、マヨがちょっとしかない。
無理やりだしたら、その前にかけてたかつおぶしが風でもっさあーーーっと飛び散る。
皿の外どころか、食卓の下にまで。ぎゃー。
かつおぶしを片づけて、食べてみたらしょっぱい。
捨てるのはもったいないから強引に食べたら、気持ち悪くてへこみに拍車がかかる。
料理以前の問題だ…。