批判じゃないのよ

高倉健さんの主演映画「あながへ」
どんな映画だかさっぱりわかりませんが、この映画のCMが…失笑ものです。
出演する女優さんや俳優さんが高倉さんについて語るんです。
でも誰もかれも高倉さんが神様みたいな人だってかんじに褒めているんです。
いや、実際、本当にそうなのかもしれませんよ。
でもなんだか白々しく見えちゃうんですよ。
映画の宣伝なんだからマイナスのことを伝えるわけがありません。
私が高倉さんが嫌いなわけではありません。
そういえば私が購読している某朝刊にも似たようなことがありましたよ。
ちゃんと読んでいませんがおそらくこの映画のためのものでしょう。
チラッと読んだかぎりではそちらも高倉さんを絶賛していました。
しかも一日じゃなく何日かに別れていました。
私がなにが言いたいかというと、やりすりは真実だったとしても嘘くさくしてしまうことがあるんじゅやないでしょうかってことです。