みかんでも甘くおいしく

糖度をみわけて購入するのは賢い消費者です。
しかし甘いみかんがあるように一定数は甘くないみかんもあるわけですね。
すっぱいみかんでも甘くおいしく食べられる方法があるそうです。
それもたった1秒でできる。
それはみかんを半分にきることです。
ヘタから白い筋を通って甘味がくるので、筋側だけは甘い。
でもそれじゃあ、切って食べないといけないし甘くほうを捨てるのは勿体ないですよね。
みかんは収穫しても生きています。
厳しい環境におくことで息苦しくなるわけです。
そのときに酸を使うので酸味が少なくなっておいしくなるということですよ。
糖度は変わらないけど酸味が少なくなるとおいしくなるという寸法です。
時間をかけて出荷するみかんのことを[貯蔵みかん]といいます。