不治の病じゃなくなる

脳が一度委縮してしまってアルツハイマー病になったら進行を遅らせることしかできないと思っていたのに、知能能力が元に戻ったという結果が出ているなんてすごいですよね。
マウスの話しですが初期の段階でのアルツハイマー病でのことなのでまだ人間では確認はできていません。
完全に不治の病じゃなくなるのは素晴らしい結果です。
たんなる夢の話しではなく臨床試験に使われる可能性が高いとのことです。
無毒化したウィルス
一回入れれば10年以上は持続してくれる。
骨髄治療などになれば希望が見えてきます.
ネプリライシンを活性化
ソマトスタチン…力が衰えてしまったネプリライシンを活性化させてアミロイドベーダを破壊させる
ソマトスタチンを飲み薬にする研究をしている。
シカゴ大学が論文発表した、日常生活の中で増やすことができるネプリライシン。
よく運動するとネプリライシンが増えるので疫学的には毎日1時間くらい歩くこと!