カテゴライズが全てじゃない!

女性とはこういうものである!と心理学やさまざまな分野の先生が言っていましたよ。
女性は泣く男性が可愛いと思うんだとか。
それは時と場合によるなぁ。
情けない泣きとの違いがあると思いますよ。
男性は女性を見た目で判断、女性は男性を見た目では選んでいない。
女性は男性の服装やアクセサリーや時計でその人が稼ぐかどうかを判断している。
私はこれは疑問ですね。
たんなる浪費家かもしれないじゃないですか。
自分の収入に合わないものを見栄で持っている人は結婚相手には向かないと思います。
女性は男性が高いものをつけていると見抜くとあったけど、私にはわかりませんよ…。(笑)
一般的な女性像と私自身が当てはまらないということに思い当たりました。

かかりつけ小児科の探し方・・・

わたしの夫は全国転勤がある仕事をしています。
わたしの父も転勤族だったので引越しは苦ではなく、むしろ知らない土地に行けて楽しいわ~くらいに思っています。
でもひとつ困っていることがあって・・・。子どもの小児科選びなんです。
小さい子どもって、急に熱を出したり吐いたりしますよね。
新しい土地に行ったら、何かあったときにすぐ受診できそうな個人病院の小児科と、規模の大きい総合病院をチェックします。
前もってネットで評判を調べたりしますが、あんまりあてになりませんよね(苦笑)
いくら評判のいい病院でも、家から遠かったり、待ち時間がすごく長かったりすると、子どもの負担になってしまうし。
わたしが、いいな、と思っても、子どもとの相性が悪いとダメですしね・・・
転勤族のお母さんたちがどうやって子どものかかりつけ医を探しているのか調べてみたら、
色々な病院にかかって決める、ママ友たちから情報を得る、小児科専門医がいる病院を選ぶ、などの意見が出てきました。
あとはかかりつけの病院を複数もっておいて、症状によって使い分けるとか。予防接種の時はここ、風邪っぽかったらここ、というように。
うーん、結局自分と子どもに合うところが見つかるまでリサーチが必要なんでしょうね。なかなか難しいですね。
そういえば、あぶない病院の見分け方のひとつとして、「小さな病院なのに診療科をたくさん掲げているところは危ない」というのがあるらしいです。
病院の看板に診療科が書いてありますよね。あれはお医者さんの資格や認定、許可などは不要で、自由に名乗っていいらしいですね。
各診療科に先生がいればいいんでしょうけど、先生が1人しかいないのに、科がいくつも書いてあったら怪しいということですかね。
この病院はなんでも診てくれるんだ!と安易に思ってはいけないんですね。
まずは何かあったら、わりと家から近い「○○こどもクリニック」に連れて行って様子を見ようと思います。

小児科の仕事に興味はありませんか?