読後に腹が立つ

久しぶりに読後にものすごく腹が立ちました。
だって物語がちゃんと完結していないんですよ。
これが1巻目で続きがちゃんと存在するのであれば仕方がありません。
しかし物語としてはここでお終いなんですって。
それでも構想はあるからいつかなんらかの形にしたいって。
なんだそりゃ。いつかってなに。そしてなんらかのってなに。
バランスの悪い三角関係の形が整ってきたところで強制終了でした。
完全にここで終わりというのであれば、読者が個々にそのあとの未来を思い浮かべることは出来ますよね。
作者の中に続編の構想があってもこの出版社からは出せない現状でもあるみたいです。
腹が立つのでもうその作者の本は読まないようにするつもりです。