面白いと思った本

面白いと思った本はいつまでも面白いままでいて欲しい。
そう思ってはいるけれど。
物語は動かないしいつも同じなのに読む方の自分が変化しているせいもあって、名作も名作ではなくなってしまう。
けっきょくは自分のせいなんでしょうね。
何度も読みたくなっちゃうような作品って本当にひとにぎりしかありません。
しかも読んでいるとその先をもちろんわかっているので驚きというのはない。
それなのに定期的に読みたいと思わせる本ってすごいです。
また読みたいと思ったときに、こんなふうにいろいろ考えてしまいました。
人に勧めるようなことはSNS上でもリアルでもしません。
言葉に出してしまうと陳腐なものしか出てこないのでその作品を褒め上げることはできません。