尊い大会

パラリンピックがはじまりましたね。
次の五輪が東京のせいもあって、以前よも気になります。
競技を見ているとどうしても、この選手はどこに障害があるのかというのに目がいきます。
水泳はとくに最初は洋服を着ていて水着になりますから、見た目ですぐにわかるときもあります。
しかし一見、健常者に見える人もいます。
解説の人などが説明をしているのを聞くと、何歳の頃に事故で腕を失ってなど情報提供があります。
同じ障害レベル同士での競技になるけれど教えてもらわないとわからない。
でも、事故とか病とか聞いていいものなんだろうかも思います。
どこかしらが不自由な人に対して綺麗な気持ちだけではいられないのに気が付きます。
パラリンピックはオリンピックよりも尊い大会だと思います。

コメントは受け付けていません。